兵庫県加古川市における相続登記、不動産登記のご相談は、歴史・実績共にNo.1の合同事務所、吉良事務所まで。

土地家屋調査士

土地や建物の登記や測量の専門家です

土地家屋調査士

土地家屋調査士とは、測量や不動産の表題に関する登記の専門家です。他者の依頼を受けて、土地や建物の所在、形状、利用状況の調査をして、図面の作成や不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う国家資格者です。

また、土地や建物の不動産登記には大きく分けて2種類あり、ひとつが「権利に関する登記」でもうひとつが「表題に関する登記」です。「権利に関する登記」は司法書士がこれを扱い、所有権や抵当権、地上権などの保存、設定、移転、変更、処分の制限、又は消滅を公示するための登記です。「表題に関する登記」は土地家屋調査士がこれを扱い、不動産(土地・建物)の物理的状況、例えるならば、土地であれば、どこに、どれくらいの広さで、どのように利用されている土地があるのかを明示するための登記です。どちらも不動産登記には、欠かせない専門家(国家資格者)です。

土地家屋調査士業務は私にお任せください!

土地家屋調査士
吉良 守史1966(昭和41)年7月生
  • 2002(平成14)年1月土地家屋調査士登録
  • 2010(平成22)年10月民間紛争解決手続代理能力認定
  • 2012(平成24)年2月法務省「筆界調査委員」拝命
  • 2013(平成25)年5月土地家屋調査士会 会長賞受賞
  • 2015(平成27)年5月境界問題相談センターひょうご「相談員・調停員」登録
  • 2017(平成29)年9月兵庫県相続診断士会発足 同役員就任
  • その他の資格測量士・相続診断士・古民家鑑定士一級・伝統資財施工士

1966年7月生まれのA型。
大学建築科と測量専門学校を卒業後、阪神地域の建築設計事務所に勤め始めました。
1995年の阪神・淡路大震災による復興事業や現地ボランティアに携わる中で、土地家屋調査士の有志の方々と出会い、その使命と父の功績を、息子視点とは違う角度から見つめ直せたことを機に、故郷の加古川市で、父の志しを継ぎたい気持ちが膨らみました

その後、父の傍で多くの実務を体得しながら充実した日々を過ごす中、予期せぬ父の末期癌が判明。遺言も残せないまま、半年後に62歳の若さで他界しました。思いもよらない悲しみに暮れましたが、幸せなことに家族仲良く心通わせる時間を過ごせ、円満な相続ができたのも、父の様々な対策のおかげであることを実感しました。そんな実体験から生まれた理想「家族の想い合いが続く笑顔相続」の実現を、土地家屋調査士の立場からお手伝いできるよう、日々研鑽しながら歩み続けています。

土地家屋調査士はこんなとき活躍します!

あなたの重要な財産である土地や建物は、法務局(登記所)にある登記簿に記録することにより、その権利が保全されます。土地家屋調査士は、お客様の依頼によってその土地や建物がどこにあって、どのような形をしているのか、また、どのような用途に使用されているかなどを調査、測量して図面作成、申請手続などを行う測量及び法律の専門家です。

土地について

土地家屋調査士 土地
  • 土地の払下げを受けたとき
  • 1筆の土地を数筆に分けたいとき
  • 農地等を造成して宅地に変更したとき
  • 登記簿の面積と実際の面積が違うとき
  • 法務局の地図が間違っているとき
  • 境界標がなくなって不明になったとき

土地について

土地家屋調査士 建物
  • 建物を新築したとき
  • 建物を増築、改築したとき
  • 建物を取り壊したとき
  • 区分建物を新築したとき

土地家屋調査士が扱う測量

測量とは土地、家屋などの面積、形状、高低差、条件などを明らかにする技術です。測量をすることで、その土地、家屋の価値を明確化することができます。将来発生する相続のために分筆しておきたい、家を建てるのだが隣家との境界がはっきりしない、など目的によって測量の種類・手順は違います。

例えば、確定測量は後々のトラブル回避に役立ちます。まず、境界確定測量により得られた、境界確定測量に基づく図面を当事者の間で保管しておくことで、事実上の合意が得られます。この図面をもとに境界杭が残されると、境界が客観的にも明確になり、将来の境界トラブルの予防になったり、土地の管理がしやすくなりご家族でも管理できたり、相続手続きや土地売買手続きの際のスムーズに手続きが行えます。測量を行うことで、その不動産の大きさ、形状、所在地が正確になり、その不動産価値の明確化と不動産を守ることになります。

Pagetop