兵庫県加古川市における相続登記、不動産登記のご相談は、歴史・実績共にNo.1の合同事務所、吉良事務所まで。

次の世代で困らせたくない相続対策

加古川市で地域密着
昭和37年創業以来の実績と信頼

土地家屋調査士と司法書士に行政書士による相続事前提案

土地家屋調査士
民間紛争解決手続代理能力認定
土地家屋調査士
吉良 守史
司法書士
簡裁訴訟代理等関係業務認定
司法書士
吉良 崇
行政書士
行政書士
小林 祐太朗


わたしたちの3つのセールスポイント

57年の
実績と信頼

昭和37年(先代吉良守雄開業)から皆様にご愛顧いただき続ける吉良事務所。加古川市内の登記関連士業の合同事務所としては歴史・実績共にNo.1です。難しいご相談ほど、的確な判断・ご提案・スピードに直結するのは実績です。地元企業様・個人様を問わず、長きに渡り多数のご信頼にお応えしてます。多数の経験から得た独自のコスト軽減も実現し、お喜びいただいています。

一般の方のご相談

あらゆる登記を
ワンストップで

不動産登記には、《表示に関する登記》と《権利に関する登記》があります。前者は土地家屋調査士、後者は司法書士の職域。単独で全ての代理はできません。2士業合同により、連携を要する登記のご依頼にも全てお応えできます。また、われわれのネットワークで優秀な税理士・宅建士・建築士等の皆様とのタイアップも強みです。

地域密着型の調査士

ワンランク上の
能力認定資格

司法書士は簡裁訴訟代理等関係業務認定を、土地家屋調査士はADR(民間紛争解決手続)代理能力認定を、それぞれ法務省から受けています。特に土地家屋調査士は法務局加古川支局管内で唯一「筆界調査委員」にも任命され、境界問題センターひょうごで構成員も務めるADR認定資格者ですので、幅広い事例に応じた問題解決が期待できます。

ご相談は無料です!

事務所概要を詳しくみる



業務内容のご案内

相続におけるこんなとき!


Pagetop