土地家屋調査士・司法書士 吉良事務所
相続コラム~司法書士の視点から~


遺言の重要性①~子供がいない場合~

「遺言があればなあ」と思う相続事案の代表が夫婦に子供(養子含む)がない場合です。

例えば、夫が亡くなった場合の相続を考えてみましょう。

夫婦間に子供があれば相続人は妻と子供です。
夫婦が離婚していたとすれば、子供のみが相続します。
でも、夫婦間に子供がない場合は、単純に妻のみが相続人というわけにはいかないのです。

この場合は、妻以外に、
①夫の直系尊属(夫の父母または祖父母など)が相続人にあたります。


夫の直系尊属が全員他界している場合は、
②夫の兄弟姉妹が相続人に当たります。

この兄弟姉妹が他界している場合は、
③弟姉妹の子(つまり夫のめい・おい)が相続人に当たります。



夫の兄弟姉妹と疎遠になっていれば、遺産分割協議に同意が得られるかどうか心配です。

さらにさらに、1年越しでやっと解決した相続のケースでは、夫の実父が再婚して子供Aがあり(つまり夫の母違いの兄弟)、そのAも他界し、Aの子供BC(つまり母違いのめい・おい)がおられました。
妻は全く知らなかったようで、「たぶん夫も知らなかったはず」ということでした。
でも、BCの協力無くして夫名義の自宅を妻単独名義に変更できないのです。
妻から見ればBCは全くの赤の他人ということですが、相続手続の協力をお願いしないといけないことになります。

もし、夫に兄弟が多ければ、BCだけでなくDEFGHI・・・・・というふうになるかもしれません。
長年住んでいる自宅が、夫の死をきっかけに、全く見ず知らずの人達の権利が入り込んでくるというわけです。

でも、「私の全財産を妻○○に相続させる」という遺言(特に公正証書遺言)があれば、いとも簡単に妻単独の相続手続が可能なのです。
子供がいなければ、なお一層、遺言の重要性は上がるということですね。



司法書士 吉良崇

土地家屋調査士・司法書士 吉良事務所
TEL 079(423)1113