本文へスキップ

加古川市で創業55年。相続と土地境界の諸問題に応え続ける専門窓口。

お電話でのお問い合わせは079-423-1113

〒675-0017 兵庫県加古川市野口町良野1554番地 



土地家屋調査士の主な業務HEADLINE

土地の表示に関する登記と付随業務

 
土地を
分けたい



分筆登記

 所有者の意志に基づき、土地を2つ以上に分割する登記です。分筆後の相続や売買を目的に行うケースが多いです(一部地目変更を目的とする場合もあります)
[全境界確定済み]=14万円から ※確認程度の測量を含みます。境界標の現存数などで差があります。
[全境界が未確定]=隣接地の数や規模・難易度で差があります(Q&Aページもご参照ください)。
★近郊の適正相場額(消費税込み)です。吉良事務所では独自の方法で更に詳細にお見積り致します。

土地を
1つに
 
合筆登記
分筆とは逆に、隣り合う土地を1つにする登記です。手続自体は比較的簡単ですが、所有者や地目が異なる土地の合筆はできません(他にもいくつか制限があります)
[合筆前2筆]=4万円 ※権利証(登記識別情報)を紛失している場合は別途手数料がかかります。
★近郊の適正相場額(消費税込み)です。吉良事務所では独自の方法で更に詳細にお見積り致します。


面積誤り


地積更正登記
(地図訂正)
「実際に測量してみると、登記されている面積と大きく違っていた」という場合などに行う訂正の登記です。売買価格や取得税・固定資産税などに影響します。地図(公図)の訂正も要する場合は、同時にその申出(別途費用)も必要です。
[全境界確定済み]=10万円から ※確認測量を含みます。分筆と同時の場合は大幅に減額可能です。
[全境界が未確定]=隣接地の数や規模・難易度で差があります(Q&Aページもご参照ください)。
★近郊の適正相場額(消費税込み)です。吉良事務所では独自の方法で更に詳細にお見積り致します。

用途変更


地目変更登記
土地の実際の用途が変わった場合に行う義務登記です。特に登記されている地目が“畑”か”田”の場合は、事前に農業委員会で転用手続を経る必要があります。
[農地(田か畑)以外からの変更]=3万円
[農地(田か畑)からの変更]=4万円 ※農地転用の届出や許可が未了の場合は別途手続費用がかかります。
★近郊の適正相場額(消費税込み)です。吉良事務所では独自の方法で更に詳細にお見積り致します。


公用地を取得した
 
表題登記
元々地番がなかった道路や水路を国などから払下げを受ける場合や、埋め立て等により新たにできた土地などにつき、所有権を登記する前に必要な登記です。
費用は目的や規模によってかなり差がありますので、個別にご相談ください。

境界確定

筆界確認・
官民協定
法務局の地積測量図や現地境界標が無い場合などに必要な業務(現況測量調査、隣接地所有者との立会い、国有水路や市道・県道との協定、境界標の設置・復元など)です。調査や立会いの結果次第では手続が一部省略できる場合もあります。
費用は土地毎の条件でかなり差がありますので、個別にご相談ください(Q&Aページもご参照ください)。


建物の表示に関する登記

新築した
未登記だった



表題登記
新築した時(又は未登記の建物がある時)に行う登記です。所有者には完成後1カ月以内の申請義務が課せられています。未登記のままでは誰の所有物かを第3者に公示できず、所有者死亡後の相続人に負担や争いを残す危惧が残ります。通常は表題登記に引き続き、所有権保存登記(司法書士業務)までをお勧めします。
[一般的居宅]=6.5〜8.5万円 ※所有権証明書作成の要否・階数・床面積などで差があります。
★近郊の適正相場額(消費税込み)です。吉良事務所では独自の方法で更に詳細にお見積り致します。


増築した
一部取壊した

表題変更登記
既に登記済みの建物で、増改築等で床面積・構造・種類に変更があった場合にする義務登記です。種類だけの変更や、分筆に伴う所在地番変更などもあります。
[増築により構造と床面積を変更]=6.5〜8.5万円 ※増築後の建物調査と、建物の図面作成を含みます。
[所在地番又は種類だけの変更]=3〜4万円 ※建物の図面作成は要しません。
★近郊の適正相場額(消費税込み)です。吉良事務所では独自の方法で更に詳細にお見積り致します。

取壊した



滅失登記
既に登記済みの建物が、取壊し・焼失・倒壊などによって消滅(又は建物の機能が完全に失われたと認められる時)にする義務登記です。登記記録が閉鎖されます。
[一般的居宅]=4〜5万円 ※附属建物がある場合や滅失証明書の取得が難しい場合などで差はあります。
尚、建替えによる新築建物の表題登記と同時なら、重複する資料調査費・現地調査費が減額できます。
★近郊の適正相場額(消費税込み)です。吉良事務所では独自の方法で更に詳細にお見積り致します。

建物の表示に関する登記には、他に合併登記・合体登記・区分建物表示登記などがあります。
詳しくは直接吉良事務所までご相談ください。
お問い合わせ